メガネの田中 TANAKA SINCE 1913

新しいメガネ選びに挑戦する店舗「メガネの田中 g.g.WAREHOUSE南堀江」(大阪)がオープン

HOME > 新しいメガネ選びに挑戦する店舗「メガネの田中 g.g.WAREHOUSE南堀江」(大阪)がオープン

2018年8月8日
新しいメガネ選びに挑戦する実験的な店舗が大阪・南堀江に誕生。
「メガネの田中 g.g. WAREHOUSE 南堀江」8月10日オープン!

全国に120店舗(6月1日現在)を展開するメガネの田中(メガネの田中チェーン株式会社、本社:広島市、代表取締役社長デイミアン・ホール)は、感度の高い人が集まる大阪市の商業地区、南堀江(大阪市西区)に新しいメガネ選びに挑戦する店舗、メガネの田中g.g.WAREHOUSE南堀江を8月10日にオープンします。(以下g.g.WAREHOUSE南堀江)

g.g.WAREHOUSE南堀江は、今までにない手法を用いたメガネの展示方法に加え、関西発進出のブランドを紹介するなど、メガネが好きな人が足を運びたくなり、メガネをもっと好きになる仕掛けを施した店舗。さらにファッションにあわせたメガネ選びの枠を越えその人の価値観を表現できるようなメガネ選びが実現できる店舗です。

また、g.g.WAREHOUSE南堀江は、「メガネの田中」のラボのような位置づけで誕生した店舗でもあり、当初の試みに限らず、新しい取り組みにチャレンジしていきます。ここで得た様々な経験をもとに「メガネの田中」のブランドをもっと楽しいものにフィードバックする役割も担っています。

<店舗イメージ>
g.g.WAREHOUSE南堀江は、昔倉庫だったところに、デザイナー、小説家、ヘアスタイリスト、自転車職人などの様々な職業の人が自然に集まって、それぞれの仕事をしているというシェアオフィスをイメージしました。建物は新築を古びた倉庫に見立てるため、壁をはがし、経年劣化を演出するため汚し加工を施すなどの工夫を凝らしたこだわりです。

<架空の人物が暮らす様々な部屋を再現>
様々な職業を持つ8人の架空の人物を設定し、その人がいかにも住んでいるかのような細かなディテールまで表現された8つの部屋を店内に制作しました。お客様は自分の価値観に合う部屋に入り、その部屋に隠されているメガネを探します。

<コンセプトボックス>
メガネは陳列棚ではなく、コンセプトボックスという小箱に入っています。その中には、メガネの他に、ひとつひとつの魅力が膨らむような世界観を表現する小物も一緒に入っています。コンセプトボックスはスタッフがそのメガネがもつ個性を引き出すために一つ一つ制作し、それぞれに合う部屋に置かれます。

<取り扱いブランド>
・AKITTO・EYEVAN7285・Haffmans&Neumeister・Markus-T・MASAHIROMARUYAMA・tarian・VioRou
など、関西発進出のブランドも取り扱います。

<スタッフ全員がInstagramで発信>
スタッフ全員がそれぞれのInstagramアカウントを持ち、アイウェアとファッションとのコーディネートや、メガネにまつわる情報を発信していきます。スタッフそれぞれの個性豊かな目線でメガネを表現することにより、一つのメガネを様々な印象に魅せていきます。
またお客様が自分の理想のメガネをかけた姿を記念写真に残すことや、自分のSNSにシェアすることもできるようにスタジオのような環境を設置、お客様自身もメガネを発信していくことができることも特徴の一つです。

<店舗情報> 
メガネの田中 g.g.WAREHOUSE南堀江
〒550-0015 大阪府 大阪市西区南堀江1丁目10-2 TEL:06-6536-8770 
定休日 水曜日
営業時間 11時~20時