あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

聞こえのチェック(補聴器選びのための測定)

HOME > 聞こえのチェック(補聴器選びのための測定)

補聴効果測定サービス
加齢に伴う「聞こえ」の低下は早ければ40代から始まると言われています。そして、自分ではなかなか気づかないのが厄介な点です。最近、気になる点はございませんか?例えば、人から「最近、話し声が大きくなったのでは?」と言われたり、会話をしていて何度も聞き返したり・・・他にもさまざまな症状が考えられるのですが、思い当たる症状があれば、ぜひ私たちメガネの田中へご相談下さい。メガネの田中チェーンは、「聞こえ」に不安を持つ方々のために無料で「補聴効果測定サービス」を行っています。
「補聴効果測定サービス」とは、実際に補聴器を装着していただき、裸耳時とどれ位「聞こえ」の差があるのか測定するサービスです。この「補聴効果測定サービス」により、客観的に「どれ程違うのか?」を体験していただけます。「聞こえ」の低下は、気づきにくいだけではなく、「まだ大丈夫」と考えがちです。プロによる客観的な測定で早期に、そして的確な判断を行うことは悪化を抑えるうえでも非常に大切なのです。ぜひ、気軽に私たちメガネの田中へご相談下さい。聴力の測定から補聴効果測定サービスまで、無料で皆様の不安にお答えします。そして、1日でも早く安心・快適な毎日を送りましょう。

聞こえの改善必要度 簡単チェック
(1)~(10)のことがらに、当てはまる回答にチェックしてください。
※すべての質問をチェックしてください。

※すべての質問をチェックしてください。
いいえ
たまにある
はい
(1)話しをしている時に2度聞きすることがよくある。
(2)会議・会合などで発言内容を聞きもらすことがある。
(3)4~5人の会話で小さい人の話しが聞き取りにくい。
(4)にぎやかな街の中の会話で相手の声が聞き取りにくい。
(5)病院や銀行などで名前を呼ばれても聞き逃すことがある。
(6)テレビやラジオの音が大きいと周りの人に言われることがある。
(7)ドアチャイムや電話の呼び出し音を聞き逃すことがある。
(8)ふいに呼びかけられると分からないことがある。
(9)電話の内容が聞き取りにくいことがある。
(10)話し相手の顔を見ていると話しがよくわかる。

↓↓↓↓↓↓
イメージ1
 必要度
    

聞こえにくいと感じたら
まずはご相談ください
コンピュータによる聴力チェックで低音から高音までの音域における、聞こえの状態を各周波ごとに詳しくチェックいたします。
聞こえの状態や使用場所、補聴器の種類に応じて、専門スタッフがサポートいたします。
お耳の状態によっては耳鼻科をご紹介させていただきます。