あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

聞こえのしくみ

HOME > 聞こえのしくみ

耳の構造と音の伝達
図のように、人間の耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分から成り立っています。

耳介から入った音は、外耳道を通り、鼓膜からツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨によって内耳に伝えられます。 蝸牛によって音の高低や強弱を識別し、有毛細胞によって電気信号に変換され、聴神経から脳に送られ脳で「音」として判断されます。
このように耳の各器官がそれぞれの役割を果たすことで音を聞き取ることが出来ます。

伝音系

感音系

難聴の種類
耳から脳までのどの部位に原因があるかで、難聴の種類や程度が異なります。

伝音性難聴
外耳か中耳のどこかに原因がある場合に起こる難聴です。音量を大きくすれば聞き取りやすくなるので補聴器の使用は効果的です。

感音性難聴
内耳、聴神経、脳の中枢など感音系の何らかの障害によって起こる難聴です。小さい音が聞き取りにくく、また大きい音が響いたりひずんだりする場合があり、聞こえても言葉の意味がわからないといった症状があらわれます。補聴器を正しく調整して使用すればかなりの効果が期待できます。年齢からくる老人性難聴がもっとも多いです。

混合性難聴
伝音性難聴、感音性難聴の両方の症状が現れます。