あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

補聴器の種類

HOME > 補聴器の種類

補聴器の主な分類
補聴器は形状や性能から以下のような分類に分かれます。
耳の状態、使用環境に合った補聴器をご提案します。

耳掛けタイプ(オープン)
耳の後ろに掛けるタイプです。
オープンタイプは極細のチューブと穴あきの耳栓が特徴です。
きこえ・使用環境に応じて幅広く対応できます。

耳掛けタイプ
耳の後ろに掛けるタイプです。
補聴器の中で最も種類が豊富で普及しています。

耳入れタイプ(オーダーメイド)
お一人お一人の耳の形状と聞こえの程度に合わせて作る、耳入れタイプの補聴器です。 耳の中にすっぽり収まる超小型(CICタイプ)のものは、外からほとんど目立ちません。 あらゆる環境に応じて自動的に音量調節するデジタル補聴器などがあります。

~大きさによる名称の分類~
(小さい)         (耳穴標準型)         (大きい)
【CIC】 → 【MC】 → 【カナル】 → 【ハーフ】 → 【カスタム】

耳入れタイプ(既製品)
耳の中に入れるタイプです。会議や講演会等で少し聞き取りにくいという方に。 お手頃価格でお試し用としても最適です。オーダーメイドタイプよりサイズが大きくなります。

ボックスタイプ
本体からイヤホンコードでつなぐタイプです。音声のする方向に本体(マイク)を向けることで、より聞こえやすくなります。 家族との会話やテレビの視聴などに便利です。予備の補聴器に。