【社会】使わなくなった補聴器を 聞こえケアが受けられない世界の人々に。

“聞こえること”は、毎日の暮らしや人とのつながりに大切な要素です。しかし補聴器は高価なため、世界には貧困や紛争などで、聞こえのケアが満足に受けられない方がたくさんおられます。

 

当社では、補聴器の定額利用サービス「聞こえの定額ケア」や「聞こえの体験コース」などに使われ、役目を終えた補聴器を、国際慈善団体「Starkey Hearing Foundation」に寄贈しています。寄贈した補聴器は、修理やクリーニングを施した後、世界中のお困りの方に贈られます。

 

お客様が当社で受けられた“聞こえのケア”が国を越えて、次の方の“聞こえのケア”を新たに生みだし、より多くの人々のいろどりゆたかな人生にまで広がっていく取り組みです。

 

「Starkey Hearing Foundation」ウェブサイトhttps://www.starkeyhearingfoundation.org/

TOPへ戻る