メガネをかけると美人度UP!?大人が味方につけるメリットとは?

きっとかけるだけで、見た目の印象をおしゃれに洗練させてくれるメガネは、大人の女性をより素敵にしてくれる、とっても便利なアイテムです。とは言え、どんなにおしゃれなメガネでも、いつもと同じメイクのままでは魅力が半減。メガネとメイクのベストバランスを知ることで、もっともっとメガネ美人になれるんです。人気メイクアップアーティストの山本浩未さんが、メガネでもっと素敵になるメガネメイクアップの極意を伝授します!

第2回テーマ 山本浩未さん直伝! もっとメガネ美人になるためのメイクアップ法! メガネ美人とメガネおブスの境界線って? 必ず素敵に見えるメイクのポイントとは メガネはただかけるだけで、アイメイクをしたような美人効果が得られるもの。だから、メガネをかけるからといって、メイクを特別意識する必要はありませんが、もっと魅力を引き出して素敵に見せたい場合には、やはりメイクの力が必要です。

「vol.1でもお話したように、目もとはメガネで小さく見える分、アイシャドウ、アイライナー、マスカラで大きく広げるようにメイクしておくと、より目もとの印象力がアップします。そして、いちばんのポイントは、リップの色。肌タイプによって似合う色が異なるので、マッチする色をつけると、顔がぱっと明るくなり、表情がよりイキイキ輝いて見えるようになりますよ」 山本 山本

「Sora」を手に取りながらメイクアップティップスを考える山本浩未さん

もっともっとメガネ美人に! パーソナルカラー別メイクアップティップス メガネの田中では山本さんと共にメガネとメイクでより魅力的に見せるメイクアップティップスを開発しました。「Pop」「Fresh」「Chic」「Cool」の4タイプのなかから、自分にぴったりのカラーを見つけてみましょう。より洗練されたメガネ美人に近づけるはず!

メイクアップティップス

POP

カラー イエローベースのライトカラー
イメージ 愛らしい。丸い。
メイクのポイント 小粒で上品なパーツを、透明感のある
キレイな色とシアーなツヤで、
ふわっと広げるように仕上げると
バランスよくまとまります。
アイシャドウは、透明感のある
明るい色のクリームシャドウをチョイス。
重くならないようシンプルに1色塗りし、
軽やかさと抜け感を演出しましょう。
マスカラやアイラインでシャープ感を
チョイ足しすると、軽さをキープしたまま
目もとの印象が自然に引きしまります。
サーモンピンクなど、くすみのないキレイな色をチョイス。頬の丸みに添わせながら、ちょっと高い位置にやや楕円を描くように丸く入れます。
唇の血色を生かす、
シアーで軽やかなサーモンピンクを。
下唇の中央のみ重ねづけして、ボリューミィ

FRESH

カラー ブルーベースのパステルカラー
イメージ 清楚。涼しげ。
メイクのポイント グロッシーなツヤで上下に
ボリュームを出し、ふっくら感を
プラスすると、より華やかな印象に。
多色パレットでグラデーションをつけ、
目もとにもボリュームを。
カーキやボルドーの
カラーライナーもGOOD!
顔のポイントが上に集まるよう、
頬骨の高い位置に水平にぼかしましょう。
フェイスラインがすっきり見え、
華やかさもアップします。
カラーは青みよりの
ローズ系ピンクをチョイス。
質感は、はちみつやキャラメルのような、
厚みのあるこっくりとしたツヤが◎。
リップライナーで輪郭をふっくら整えて。

CHIC

カラー イエローベースのディープカラー
イメージ 柔らか。洗練。
メイクのポイント 深みのある色で引きしめて
質感で柔らかさを出すと、
ソフトな印象のなかにもメリハリが生まれ、
すっきりカッコよく仕上がります。
アイシャドウにはグレイッシュな
深みのあるカラーをチョイス。
リキッドとペンシルの質感違いの
ライナーをW使いし、キワに深みを
出すことで、目もとが引きしまり
華やかさがアップします。
少しパールのきいたワイン系やボルドー、
青み系ローズを、頬骨に沿って
さっと入れましょう。
ボルドーやワイン系など、
少し落ち着きのある黄味よりの赤で
引きしめつつ、クリーミィな質感で
柔らかさをプラス。口角の輪郭を
きっちりとって、キュッとシャープに
仕上げると、より洗練された大人の印象に。

COOL

カラー ブルーベースのヴィヴィッドカラー
イメージ 凛。カッコイイ。
メイクのポイント くすみのない透明感のある
キレイな色をさりげなくプラスして
柔らかな印象に仕上げると、
都会的でおしゃれな雰囲気が引き立ちます。
アイライナーもマスカラも
ブラウン系をチョイス。
柔らかな発色で強さを少し和らげ、
自然な目ぢからを演出します。
頬をふっくら血色よく見せるため、
ツヤやかに仕上がるベリー系レッドの
クリームチークをチョイス。
頬にふわっと丸くぼかして、
明るく元気に仕上げて。
カラーは、フルーツのようなベリー系を。
質感はセミマットをチョイス。
唇を染めるように、
フィットさせながら塗りましょう。
山本浩未さん

ヘア&メイクアップアーティスト

山本 浩未 Yamamoto Hiromi

広島県福山市出身。大人の女性を今っぽくキレイにするためのアイデアやテクニック、明快なメイク理論が大人気。美容誌や女性誌を中心に活躍するかたわら、メガネの田中と共に、メガネとメイクで女性をより魅力的に見せるメイクアップティップスの開発にも携わる。
http://steam5.com/

ページの先頭へ