おうちでできる「メガネのクリーニング」

おうちでできる「メガネのクリーニング」

メガネを掛けようと思って手に取ると、レンズが白く汚れている、、、そんな経験のある方が多いのでは?

レンズの汚れは見た目だけでなく見え方にも影響するので、できるだけきれいな状態でお使いいただきたい、というのが私たちの思いです。

お店ではクリーニングを含めたメンテナンスを行っていますが、今回はご自宅でできるメガネクリーニングの方法をお届けします!

①メガネについたホコリなどの汚れを落とすように、メガネ全体をお水ですすぎます。

①メガネについたホコリなどの汚れを落とすように、メガネ全体をお水ですすぎます。

メガネに付着したホコリなどの小さなゴミを落とすようなイメージで、全体を水で流します。

水に通さずメガネ拭きで乾拭きすると、メガネ拭きとレンズの間にゴミが挟まり、レンズ傷の原因になるので気を付けましょう。

水は、流水でもボールに溜めたものでもOKですが、絶対にお湯を使わないでください。

お湯を使うことで、熱に弱くデリケートなレンズコーティングの痛みに繋がることがあります。

②メガネクリーナーをレンズに吹きかけ、汚れを浮かすように指で軽くなじませます。

②メガネクリーナーをレンズに吹きかけ、汚れを浮かすように指で軽くなじませます。

クリーナーを使うことで皮脂などの油汚れが落ちやすくなります。

この時、メガネクリーナー以外の洗剤はレンズに悪影響を与えてしまうことがあるので、専用のものを使いましょう。

食器用洗剤はメガネに付着した汚れを落とすのに、強力すぎる場合があります。

特にレンズはデリケートなので専用のものを使う方が安心です。

画像で使用しているメガネクリーナーは、メガネの田中各店またはウェブショップでもご購入いただけます。

③きれいなメガネ拭きを使って、やさしく全体の水分を拭き取ります。

③きれいなメガネ拭きを使って、やさしく全体の水分を拭き取ります。

メガネについた水滴を長時間そのままにしておくと、レンズに水跡が残ることがあるのでできるだけ素早く拭き取ります。

この時、レンズ表面の水分を軽くとるのにティッシュは有効ですが、仕上げ拭きにはメガネ拭きを使いましょう。

ティッシュでレンズを乾拭きをすると、傷の原因になることがあるので要注意です。

④メガネのクリーニング完了です!

④メガネのクリーニング完了です!

★クリーニングが終わったら…

使ったメガネ拭きはご自宅でネットに入れて洗濯機で洗う、または、中性洗剤を使って手もみ洗いをして、乾かしてから次のメガネクリーニングの際にご使用ください!

メガネ拭きが汚れたままでクリーニングすると、汚れを付け返してしまうので、きれいな状態で使いましょう。

クリーニングが終わったら…

以上、おうちでできるメガネのクリーニング方法でした。

簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてください♬

ご家族のメガネも一緒にきれいにお手入れすると、きっと喜んでいただけますよ。

 

ご質問や気になることがあれば、お気軽に近くのお店までご相談くださいませ!

店舗検索はコチラから

TOPへ戻る