マスクでも快適! レンズのくもり対策

室内外の気温差が大きい時期や、マスク着用時に起こりやすいレンズの曇り、視界が急にブロックされると危険ですし、ストレスも感じますよね。

今回は、そんなレンズの曇りを解消する方法をご紹介します。

おススメ!レンズのくもり対策

レンズのくもり対策には、お手持ちのメガネにご使用いただける曇り止めアイテムと、レンズ自体に曇りにくい加工を施した防曇レンズがあります。

【スプレータイプ】

噴射によって液が適度に広がるので、指を汚すことなく塗布できる。クロスタイプよりも持続効果が長い。

【ジェルタイプ】

コンパクトで持ち運びに便利。液が飛び散らないので外出先でも気にせず使える。クロスタイプよりも持続効果が長い。

【クロスタイプ】

拭くだけなので手軽にケアできる。荷物になりにくく、持ち運びも簡単。

【防曇レンズ】

曇りにくい加工を施したレンズ。曇り止めアイテム不要で楽メンテ。

 

曇り止めアイテムはメガネの田中各店、またはウェブショップでお求めいただけます。

曇り止めアイテムを使うその前に…

曇り止めアイテムを使う前に、メガネレンズがキレイな状態であることが大切です。

レンズに汚れが付着したままだと、せっかくのくもり止め効果が減ってしまいます。くもり止めの効果を最大限発揮するため、事前にクリーニングを行いましょう!

「おうちでできるメガネクリーニング」の方法はコチラ

 

スプレータイプ

メガネの田中

<手順>

①クリーニング後、レンズから2センチくらい離して両面に1プッシュずつ吹き付ける。

②ティッシュで液を軽くのばし、レンズになじませる(液を拭き取り過ぎると効果が薄れるので要注意)。

③液が乾いてからすり込むように拭く。

<ポイント>

スプレータイプは「液が乾いてから拭き取る」のがポイントです。

乾く前に拭き取ってしまうと液がレンズに残らず、くもり止め効果が下がってしまうので要注意です。

ジェルタイプ

メガネの田中

<手順>

①クリーニング後、レンズの両面に米粒程度のジェルを付ける。

②指先でジェルをレンズ全体に広げながらムラなく伸ばす。

③ティッシュでジェルを拭き取る(効果が半減するのでメガネ拭きは使わないでください)。

<ポイント>

ジェルタイプは「塗りムラが無いように広げる」のがポイントです。

レンズの隅々までしっかりジェルを広げましょう。

クロスタイプ

メガネの田中

<手順>

①クリーニング後、クロスをパッケージから取り出し、レンズの両面を5~10回程度拭く。

②使用後のクロスは、パッケージに戻し密封して保管。

<ポイント>

クロスタイプは「パッケージを密封する」のがポイントです。

密封しないとクロスが乾燥してしまい、くもり止め効果が薄れていきます。

防曇レンズ

メガネの田中

「都度、曇り止めアイテムを使うのが面倒だ」という方には、レンズ自体に曇りにくい加工を施した「防曇(ぼうどん)レンズ」がおススメ。

曇り止めアイテム不要で楽メンテ!付属の専用クロスで拭くことで、効果がアップします。

 

詳しくはお近くの店舗までお気軽にご相談ください。

店舗検索はコチラから

TOPへ戻る