あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

子供用メガネ選びのポイント

HOME > 子供用メガネ選びのポイント

お子様は、体の成長と共に顔の幅や目の大きさが変化していきます。
鼻の高さ、耳の位置や形に合わせて調整できるフレームを選びましょう。

・フレームは、お子様の顔の大きさにちゃんと合っていますか。実際にかけてみるのが一番ですからメガネの田中では豊富なサイズをご用意しています。
・パッドは、鼻の形にフィットして馴染んでいますか。 子供は顔の骨格も大人と違い、鼻柱も未発達です。掛け心地が良く、合わせやすいデザインのパッドを選びましょう。
・テンプルは、耳の付け根に沿って安定していますか。細やかに調整可能できるフレームを選びましょう。また、テンプルの肌触りの良さも大切なポイントです。
・安全性に配慮した工夫がされていますか。メガネの田中ではお子様の顔を傷つけないように、リムの形状や接合部の強度など、きちんと設計されているフレームをオススメします。

体の成長とともに発達する視力。
「見える」という事は視力の発達においてとても大切です。
年齢とともに視力の変化、見る対象物が変化していきます、その為しっかりとしたお子様への視力管理が必要です。

・視力検査を行う際にお子様の見え方の状況の把握、どのような環境でメガネを使用するかを確認させて頂きます、お子様一人一人に合った良く見え、疲れにくいメガネを作るために必要な作業となります。
・見えにくい状態のまま生活をし続けると、視機能の発達に悪影響を及ぼし両眼でモノを見たりする能力が養われなかったり、メガネを掛けても視力が上がりにくくなったりします
・適正な度数のメガネを掛けていればメガネの影響で度数が進む事はありません、適切なメガネを作る為には検査前の問診と正確な視力検査が非常に重要です
・小学生高学年以降、成長期のお子様の視力は体の成長に伴って視力が大きく変化します。定期的な視力検査に是非お近くのメガネの田中店舗にお立ち寄り下さい(視力検査は無料です)。また分からない事や、お困りのことがあればいつでもご相談下さいませ。

メガネが歪んでいたり、ズレたりしていませんか?
お子様のメガネチェックしてみて下さい。

1.メガネが歪んでいませんか?
・目とレンズの高さ位置が合っていますか?
・お子様の顔を上から見て目とレンズの距離は均等ですか?
・お鼻や耳が痛くなったりしませんか?

2.メガネがズレていませんか?
・鼻パッドがきちんとお子様のお鼻にフィットして馴染んでいますか?
・鼻パッドが広がりすぎ、潰れていませんか?
・お子様の顔幅にメガネが合っていますか?メガネが広がりすぎたり、狭すぎたりしていませんか?

3、耳の後ろにキチンと掛かっていますか?
・耳の後ろにキチンとテンプルが掛かっていますか?
・掛かり具合がきつすぎませんか?

メガネが歪んでいたりズレていれば、目とレンズの正確な位置が保てなくなり本来の矯正効果が出ません。お子様は成長によるメガネの掛け具合の変化や、メガネの掛け外しによる掛け具合の変化が起きやすいです。
お子様の目の成長の為にも、歪んでいたり、ズレていればお早めにお近くのメガネの田中にご相談下さいませ。
また、耳の高さの調整、鼻パッドの調整、お顔幅にメガネを合わせる調整、耳の後ろに合わせる為のテンプル曲げ等、メガネの調整には豊富な知識と技術が必要となります。
メガネの田中ではお客様に最適な掛け心地を提供する為に、メガネのフィッティングの教育プログラムを設け日々知識、技術の向上に努めています。

子供の「目」のこと
6歳頃までが視力が発達する大事な時期
生後まもなくの赤ちゃんは明暗がわかる程度ですが、6ヵ月を過ぎると少しずつものが見えるようになってきます。自然に「見る」という訓練をしながら徐々に発達し、視力は概ね6歳頃までに完成されます。
この6歳頃までに視力を形成しておかないと、その後は見る能力が育たずに視覚障害になることもあります。
6歳までの視生活がその後の見え方に大きな影響を与える重大な時期であり、検診などで専門家の視力検査を受けたり、日頃から視力について気を配りましょう。必要であれば眼科や認定眼鏡士の指導の元、メガネを適切に着用することも重要です。

小学校の視力検査は正確ではありません
小学校では視力をA〜Dの4ランクで評価しています。
これは、子供は目を凝らしてよく見ようとすると視力0.1や0.2程度は変化するため、
正確な測定ではなくだいたいの視力が判定できればよいとされているからです。
このことから、お子さまの視力がBランクやCランクであっても近視とは限りません。
さらに乱視や弱視の場合もあり、遠視でもA・B・C・Dの評価以上に実際には見えていないケースもあります。
保護者は小学校の視力検査結果で自己判断せず、必ず眼科を受診されることをおすすめします。

A (1.0以上)
教室の一番後ろの席から黒板の文字を楽に読める。
通常は眼鏡は必要ないと考えます。

B (0.7-0.9)
教室の後ろの席でも黒板の文字をほとんど読めるが、
小さい文字は見えにくいものがある。

状況によってはメガネの着用を検討しましょう。

C (0.3-0.6)
教室の前の席では何とか見えますが、
はっきり見えるのは黒板全体の半分くらい。

そろそろメガネ着用の検討が必要です。
黒板の文字が小さくなる中高生では支障を感じる事が多くなります。

D (0.2以下)
黒板を見る時に眼を細めて見ている可能性があります。
一番前の席に座っても黒板の字が読めません。

多くの方が支障を感じるレベルです。
本人が見えているからといっても、実際には読めていないと考えられます。

中学生の目の変化
成長期にある中学生は、目の構造から視力が変化しやすく、半年に1度は眼科や認定眼鏡士による視力測定を受けることをおすすめします。
メガネを使いはじめる目安は視力が0.7以下になった場合ですが、生活環境や目の疲れ具合によって、眼科や認定眼鏡士のアドバイスの元に適切に処方を受け着用することが必要です。
メガネの田中では、業界トップクラス約200名の認定眼鏡士による、無料のビジョンケアコンサルティングを行っています。まずはお近くの店舗を検索してお気軽にご予約ください。