あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

PCレンズ

HOME > PCレンズ

現代社会には、眩しさの原因といわれる「青色光」が溢れています。
パソコンや携帯電話、テレビはもちろん、ポータブルメディアプレイヤーやスマートフォン、携帯ゲームにいたるまで 現代社会に浸透する多くのデジタル機器のモニター画面からは、眩しさやチラツキの原因と言われる「青色光」が発せられています。 これらのデジタル機器を長時間使用することにより、眼に負担を感じると訴える人が急激に増大しています。

眩しさ、チラツキの原因と言われるデジタル機器の「青色光」とは?



エネルギーが強い「青色光」
「青色光」は、可視光線の高周波側の光で、380nmから530nmの紫から青色の短波長光を指します。 紫外線に近い波長のため、エネルギーが強く眼の負担が心配されています。

散乱しやすい「青色光」
短い波長の「青色光」は、大気中の粒子(ホコリや水分)などにぶつかりやすく散乱しやすい光です。 この散乱しやすい「青色光」が眩しさやチラツキを与えて像の輪郭を不鮮明にしてしまいます。

日常生活に溢れる「青色光」
私たちの日常では、テレビやパソコンのモニター画面からLED証照明まで、生活は明るい光に包まれています。
こうした光の多くは明るさを強調するために「青色光」を強く発光させています。

 


ブルーカットレンズがサポートする快適視生活の提案

高機能レンズ「ブルーカットレンズ」は、屋外の強い日差しはもちろんパソコンや携帯電話、 テレビやLED照明など現代生活で感じる眩しさやチラツキの原因といわれる「青色光」を効果的にカットし 大切な眼を守ります。 また、「青色光」を取り除き明るさを確保することで、快適な視界を維持できます。 「ブルーカットレンズ」は、従来のレンズにはない新しい価値を創造する高機能レンズです。

青色光によるボヤケの発生
光は波長により焦点距離が変わります。赤色が網膜上に焦点を結ぶ時、 可視光線の中で最も短い波長をもつ青色光は、網膜の手前で焦点を合わせてしまうため ボヤケがおきます。青色光をカットすることで焦点距離の差が小さくなり、物が見やすくなります。



UVカットレンズでは防げない、青色光を効果的にカット
紫外線のカットはもちろん、眼に対する負担が懸念される青色光を効果的にカットします。