あなたの視力を見守るメガネ専門店「メガネの田中」

メガネの田中の選べるレンズ

HOME > メガネの田中の選べるレンズ

選べる2枚1組 10,000円+税 レンズ

単焦点レンズ
遠用、近用、乱視用
■ 1.74 超薄型非球面レンズ
■ 1.70 超薄型非球面レンズ
■ 1.67 超薄型非球面レンズ
■ 1.60 薄型非球面レンズ
■ 1.60 薄型球面レンズ

インドアレンズ(中近)
室内から手元まで見えるレンズ
■ 1.60 薄型インドアレンズ
詳しくはこちら

二重焦点レンズ(バイフォーカル)
遠くと近くが見えるレンズ
■ 1.50 標準二重焦点レンズ
詳しくはこちら

遠近両用レンズ
遠くから近くまで見えるレンズ
■ 1.70 超薄型遠近両用レンズ
■ 1.67 超薄型遠近両用レンズ
■ 1.60 薄型遠近両用レンズ
詳しくはこちら

近用ワイドレンズ(近々)
パソコンから手元まで見えるレンズ
■ 1.60 薄型近用ワイドレンズ
詳しくはこちら

機能レンズ
照り返しカット(偏光)レンズ
■ 1.50 球面レンズ
詳しくはこちら

まぶしさコントロール(調光)レンズ
■ 1.55 薄型球面レンズ
詳しくはこちら

ハイコントラストレンズ
■ 1.60 薄型球面レンズ
詳しくはこちら

機能レンズ

照り返しカット(偏光)レンズ 2枚1組 10,000円+税
レンズの間にはさんである偏光フィルターが雑光をカット、ギラつきを抑え快適な視界が得られます。
釣りやドライブには特におすすめのレンズです。



まぶしさコントロール(調光)レンズ 2枚1組 10,000円+税
紫外線の量に応じて自動的にレンズ濃度が変化します。
紫外線の多い屋外ではレンズが濃くなり眩しさを抑え、紫外線の少ない屋内ではクリアになります。



ハイコントラストレンズ 2枚1組 10,000円+税
明るさは残したまま眩しさを軽減させ、コントラスト効果を高めるレンズです。

なぜ明るいまま眩しさを抑えられるのでしょうか?

光が眩しく感じるのは短波長光(紫外線+青色光)が散乱、拡散するためです。
ハイコントラストレンズは特殊カラーフィルターが眩しさを感じる短波長光を効果的にカットし それ以外の明るく感じる波長光をできるだけ通すからです。

ポリカーボネイトレンズ 2枚1組 7,500円+税
軽いだけでなく衝撃に強く、非常に割れにくいレンズです。
活発なお子様やスポーツをされるお子様にもおすすめです。

各種耐衝撃性テスト基準をクリア

1. FDA 127cmの高さから16.2gの鋼鉄製ボールを落下させても割れない規格。
2. CEN 直径22mmの鋼球を100+-2Nの力でレンズに押し付けても耐えられる規格。
3. High Velocity Impact test 直径6.35mm、1.06gの鋼球を165km/hでぶつけても割れない規格。

反射防止コート、超撥水コート標準装備

シーンに合わせた最適なレンズ



遠近両用レンズ 2枚1組 10,000円+税
遠近両用レンズは遠くから近くまで見ることが出来る便利なレンズです。

このレンズは1枚の中に連続して焦点があり、遠くから近くまでどの距離でもピントが合うように設計されています。レンズの上から下にかけて度数が変化しますので、視線の使い方が慣れるまでには少し時間がかかりますが、慣れれば快適なレンズです。設計は遠方重視です。

インドア用レンズ  2枚1組 10,000円+税
別名「室内用レンズ」と呼ばれています。遠方部が狭い分、 遠近両用レンズよりも度数変化が少ないため中間部、近用部視野がかなり広く使えます。

中間部を多用する室内・オフィスにて快適に使えます。

遠近両用レンズでは見えにくかったパソコンやオフィスワークが楽になり、 使用されている方の75.5%の方が満足しているレンズです。

近用ワイドレンズ(近々) 2枚1組 10,000円+税
デスクワークに最も適したレンズです。新聞全面を卓上に広げた状態で、焦点を合わせることができます。 お手元の資料からのパソコン画面までの視野もあまり顔を動かさずに広く見ることが出来ますので疲れにくいです。

遠近両用・インドアレンズよりも広くお手元周辺を見ることができます。 それ以外に書道、大正琴、フラワーアレンジメントなどにも快適に使えます。 近用専用ですので遠くの景色やテレビなどは見えません。

バイフォーカルレンズ 2枚1組 10,000円+税
遠く用のレンズの下方にお手元を見るための小窓があり、「境目のある遠近両用」とも呼ばれます。  

周辺部のゆがみはありませんが、小窓が飛び出していますので少し目立ち、段差が気になる場合があります。 また、遠くと手元の2つの焦点を備えただけですので中間距離あたりは見えにくくなります。